So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

大家さんと僕 これから 矢部 太郎 [コミック]


大家さんと僕 これから

大家さんと僕 これから

  • 作者: 矢部 太郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2019/07/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


「大家さんと僕」の続編。
以前話題になりました。
2冊とも読みました。

今回の続編は、ラストがとても切ない。

大家さんの独自路線とマイペースな雰囲気が、
矢部さんの心に徐々に染み入り、
温かな灯りをともしていく。

いつしかなくてはならない存在になっていく。

叱咤激励とも違う。

ちょっとお茶目な言い回しは、
大家さんの独特な愛情表現なのか。

全てわかった上での優しさなのかもしれない。

大家さんと過ごす時間は、
ゆっくり流れる。

時代がせわしなく進んで行く中、
かけがえのない空間だった。


nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:

さっぽろ雪まつり閉幕 [日記]

さっぽろ雪まつりが閉幕しました。
069.JPG

新型コロナウイルスの影響で、
日曜日の夜に行ったのですが、
人出は若干少なかったです。

それでも、足元を気にしながら、
列を成して歩く風景は例年の如く。
冷え込んでいたので、結構つるつるでした。

070.JPG

071.JPG
ALL IS ONE[トレードマーク]~世界のはじまり、アイヌ物語~
(プロジェクションマッピング)

例年にない雪不足からのビックリするほどの大雪で、
雪像作り等、大変だったと思います。
全体的に、急ピッチで行われたのかな?という感じ。

074.JPG

075.JPG

食べ物屋さんが、ものすごく増えていた印象。

そろそろ、雪まつりも考えたほうが良いのでは?
趣向を変えて、違った観光事業を進めるべきでは。。
決めるのは、もう遅いくらいだと思うのだが。
早急に何か新しいアイデアをー。




nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

雪が一時とけましたが、大丈夫(^^; [日記]

暖冬とはいえ、昨日から雨が降っています。
予想最高気温もプラスです。
先日やっと、まとまった雪が降り、
冬らしくなったかと思いきや、まさかの雨。
2月4日から始まる「さっぽろ雪まつり」
(つどーむ会場は今日から)
大変だー。

2/4追記
その後、恵みの雪と、氷点下の気温が続き、
無事に、雪まつりは開催されます!
良かった良かった。


ところで、リビング札幌Web
私の特派員記事が本日掲載されましたー(^▽^)/
今回は、おむすび屋さんをご紹介しました。
創業100年米屋のおいしいお米で作るおむすび。
よろしければ見てください。
ぜひぜひ見ていただけたら嬉しいです!

記事はこちら→「おむすびきゅうさん」




nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ミルク&ナチュラルチーズフェア2020 [日記]

さっぽろ東急百貨店で開催された
「ミルク&ナチュラルチーズフェア2020」
1/23から28日までの期間中、
チーズ大好きな私は、2回来場しました(^▽^)/

まずは、初日のみのチーズバッグ限定200セットを
勝ち取るべく、開店前に並びました。
が、東急の入口は何か所もあり、
開店前に並ぶ所業が初体験の私は、
どうやらはずれの入口だったらしく、
最寄りがエレベーターではなくエスカレーター。
しかも、最前列におばあちゃま2名が立ち塞がり、
結果、エスカレーターを駆け上がれないまま、
それでもやっとのことで9階に辿り着き、
何とか整理券を初めてゲット。
おお、143番・・
あぶない、あぶない。
でも良かった、とりあえずチーズバッグ確保!
今年も10分で完売だそうです。
036 (2).JPG
中身はこれ。バラで買うと1000円以上はしますね。

その後は、押し合いへし合いで、
各ブースを物色。
テレビカメラや新聞社や広報、
あらゆるマスコミのライトが光る中、
あれもこれもと、買い込んでしまいました(^^;
本格的なチーズなので、それなりのお値段。
好みのものを選ぶ為、試食をしてから購入。

038 (2).JPG

049 (2).JPG

フフフ、ゆっくりとじっくりと味わいます。
(*^▽^*)

そうそう、一つ残念なことに、
今年は、骨密度測定がなかったのです。
やる気満々だったのにな。


今回の経験を活かして、
また来年も行くぞ!






nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

そして、バトンは渡された 瀬尾まいこ [作家さ行]


【2019年本屋大賞 大賞】そして、バトンは渡された

【2019年本屋大賞 大賞】そして、バトンは渡された

  • 作者: 瀬尾まいこ
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2018/02/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



2019年本屋大賞作品です。


色々な親子の形があってよい。

その時々を受け入れ、強く前向きに生きる優子。

特異な家庭環境にもかかわらず、明るく生きる。

学校で起きる辛い事も、客観的に考え、
逆境を跳ね返すとても芯のある心は、
小さい時から、知らず知らずに身についた処世術なのか。
生まれ持った気質なのか。

母2人、父3人。
血は繋がっていなくても、立派な親子。
生みの母は、亡くなっていて悲しいけど、
一緒にいた父や母、みんな一生懸命に、
大切に育ててくれた。

やがて、社会人となり、
結婚を考えるようになり、
新たな環境に向かう。

晴れ姿、離れ離れになった父や母にも見てもらいたい。

皆が満面の笑みで祝福してくれる姿を見て、
幸せを改めて感じる。



親と子の関係について、とても感慨深い小説。
前向きで、自分は自分、強い意志を持ち生きる。
全てを受け入れざるを得ない環境に立った時、
人は一回り大きく強くなれるのかもしれない。





nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:

えんとつ町のプペル展 VR SHOW [絵本・児童書]

先日、「えんとつ町のプペル展 VR SHOW」に行ってきました。
えんとつ町のプペルは、キングコングの西野亮廣さんの絵本です。
緻密な筆遣いで描かれた絵は、
繊細でいてものすごく迫力があり圧倒されます。
ストーリーも良く、何度読んでもラストでウルウルきます。

そんな絵本のVR映像、とても良かったです。
目の前で、繰り広げられるVRの世界。
自分も隣の人もかぼちゃになっていて、
絵本の中にいるようでした。


えんとつ町のプペル

えんとつ町のプペル

  • 作者: にしの あきひろ
  • 出版社: 幻冬舎
  • 発売日: 2016/10/21
  • メディア: 単行本



サッポロファクトリーで、1/10まで開催されていました。
最終日で、お昼時、30分以上待ちでしたが、
待ち時間、えんとつ町のプペル
の絵本が用意されていたので、
じっくり読んでから入場です。

107 (2).JPG

終了後、パネル展で余韻に浸りました。
物販もありました。

108 (2).JPG

117 (2).JPG

118 (2).JPG


満足です(^▽^)/



nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:

ねえ、ぴよちゃん 青沼貴子 [コミック]


ねえ、ぴよちゃん

ねえ、ぴよちゃん

  • 作者: 青沼 貴子
  • 出版社: 竹書房
  • 発売日: 2018/10/25
  • メディア: 単行本



ねえ、ぴよちゃん 2

ねえ、ぴよちゃん 2

  • 作者: 青沼 貴子
  • 出版社: 竹書房
  • 発売日: 2019/02/20
  • メディア: 単行本



明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします(^▽^)/

新年となり、気持ちを新たに・・
と思うが、体がなかなか動かない。
ファイトっす。


新聞の朝刊に連載中の
「ねえ、ぴよちゃん」
本は3巻まで出ています。
この4コマ漫画が大好きで、
今回、1,2巻を読みました。

作者の青沼さんは、函館出身。
「ママはぽよぽよザウルスがお好き(1)」
がベストセラーの有名な漫画家さんです。

ぴよちゃんと猫の又吉の愛情あふれる関係や、
父、母、兄、じじ、ばば、
学校のみんなや友達のひみこちゃんや先生など
個性的な登場人物、
そして、又吉のネコ仲間たち。
それぞれの気持ちがよく伝わって、
時には共感し、時には感動し、
くすっと笑える漫画です。




nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:

静かな年末年始なんだかな [日記]

早いもので、2019年も終わり。

今年は、びっくりするほど、暖かい年末です。

気温がプラスです。
1日中の予想気温です。
朝、雨が降っていました。
雪がこんなにも少ない大晦日は、記憶にありません。

過ごしやすくて、良いのですがね。
冬らしくないというか、
複雑な感じがします。

複雑といえば、
年越しは、今年、初の夫婦2人だけ。

今年から一緒に住んでいる息子は、
3日前から旅行に。
うんにゃ、彼女の家へ。

25歳だし、全然おかしくはないけど。

・・・


なんか、

もやもやしてる?!



名前も顔もまだ知らんし。

ちっちきちー

どう解釈すればよいのかしら。


普通の日なら、こんなこと思わなかったけど、
年越しだ。

私は古い人間なのだ。
正月はずっと家族で過ごしてきたから、
青天の霹靂じゃないけど、
脳が追い付いていないのか。

嬉しいのか?
いや、嬉しくない。
いい話なのか?
・・・

まず、ちゃんと話せよな。


そんなこんなで、
全然関係ないですが、
今、リビング札幌Webにta-nuの名で特派員やってます。
よかったら見てください(^▽^)/→12/31掲載記事


それでは、また来年もよろしくお願いします。
良いお年を(^▽^)









nice!(15)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

ブロードキャスト 湊かなえ [作家ま行]


ブロードキャスト

ブロードキャスト

  • 作者: 湊 かなえ
  • 出版社: KADOKAWA
  • 発売日: 2018/08/23
  • メディア: 単行本



新青春小説。
ミステリーものではなく、とても珍しい純な青春もの。

中学時代、陸上部長距離ランナー、
駅伝の県大会メンバーだった町田圭祐。
陸上名門の高校に進学するも、
交通事故にあい、走ることが出来なくなってしまった。

放送部に強い憧れを持つ正也に誘われ、
なぜか放送部に入った圭祐。

乗り気ではなかった圭祐だったが、
表現者としての奥深さを目の当たりにし、
自らも制作にかかわることで、
様々な刺激を受けていく。

作品制作であるテレビドラマ、ラジオドラマ、
テレビドキュメント、ラジオドキュメント。
全国大会に向けて一丸となって取り組む。

1年生である正也が作ったラジオドラマが、
入賞の有力候補に。

そんな中、陸上部の顧問が圭祐を声をかけてきた。

脚の再手術をした圭祐。
徐々に走れるようになってきていた。

揺らぐ心。

自分の進むべき道は・・




nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:

愛なき世界 三浦しをん [作家ま行]


愛なき世界 (単行本)

愛なき世界 (単行本)

  • 作者: 三浦 しをん
  • 出版社: 中央公論新社
  • 発売日: 2018/09/07
  • メディア: 単行本



植物一途に研究をし続ける本村。
そんな本村に恋心を寄せる洋食屋見習いの藤丸。
一度ならず二度フラれるも、
植物に本気で向かう本村を応援する。

教授をはじめとする研究室の面々も皆変わっていて、
地道な作業で一喜一憂しながらも、
お互いに助け合い、尊重しあってそれぞれの研究をしている。

そんな研究室に出前で料理を運ぶ藤丸。
植物の奥深さ、健気さにも惹かれ、
植物も人間と同じ生命体として興味を持つように。

どんな生き方であれ、
尊重しあう。
生き物として、光を浴びながら、
日々過ごす。

愛は、様々な形で存在する。




nice!(20)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -